インプラント治療の注意点

インプラント治療を受ける前に…

インプラント治療を受ける前に…

歯周病や虫歯などによって歯を失ったとしても、インプラント治療によって天然歯と同じような機能性と審美性を備えた歯を取り戻すことができます。インプラント治療は、歯を失ってしまった場合には非常に優れた治療方法と言えます。

しかし、インプラント治療を受ける前に、注意していただきたいことがあります。それは、歯周病や虫歯などにかかっていないかどうかということです。歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)などに歯周病菌などが棲息している場合、インプラント治療を受けた後にインプラント歯周炎を引き起こしてしまい、せっかくのインプラントがすぐに抜けてしまうこともあり得ます。

そのようなことにならないよう、インプラント治療を受ける前に、歯周病や虫歯の治療を済ませておきましょう。そうすることが、インプラントを長持ちさせる秘訣です。

骨が痩せている方へ

歯を失ってから長期間経過すると、その部分の顎の骨は痩せていきます。インプラント治療は、顎の骨が痩せていると治療できない場合があります。人工歯根を埋める顎の骨が痩せていると、人工歯をしっかりと固定できなくなるためです。その結果、インプラント治療が困難となり、治療を断る歯科医院も出てきてしまいます……。

当院の患者様には、大学病院で断られたにもかかわらずインプラント治療が行え、その後快適に過ごしている方がたくさんいらっしゃいます。当院では、骨が痩せている患者様に対して、インプラント治療の前に骨の再生治療を行っているためです。骨が薄いと言われた方でも、あきらめる必要はないのです。

GBR法

顎の骨を再生させて骨の厚みを取り戻す治療方法です。メンブレンと呼ばれる人工膜を設置し、顎の骨の再生を促します。「骨再生誘導法」とも言います。

GBR法

サイナスリフト

上顎にある空洞(サイナス)の底を押し上げ、上顎の骨に厚みを持たせる治療方法です。空洞が拡大すると顎の骨が薄くなるため、移植骨や骨補填剤などによって空洞の底を押し上げ、顎の骨の厚みを確保します。

サイナスリフト