あなたに合ったインプラント治療

インプラント治療の方法

インプラント治療には、さまざまな方法があります。当クリニックでは、次の治療方法の中から、患者様一人ひとりに合った方法をご提案させていただきます。

All-on-4(Onedayインプラント)

すべての歯を失った場合に用いる、総義歯に代わるインプラントを利用した方法です。

上顎

下顎

※ノーベルバイオケア社より転用転載/無断転載厳禁

従来のインプラント治療では、すべての歯を失った場合に8~14本のインプラントを埋め込んで、その上から固定式の人工歯を被せるのが一般的でした。しかしAll-on-4では、サージカルテンプレートを使用し、片顎につき4本のインプラントを埋め込み、その4本だけで総義歯を固定して歯の機能を回復させることができます。手術当日に人工歯を取りつけるため、その日から噛めるようになります。歯ぐきの切開が不要で、患者様の費用や身体への負担を最小限に抑えることができます。

抜歯即時

インプラントを埋め込んだその日に歯を被せ、即日に噛めるようにする方法です。

まずは抜歯手術を行い、その場でインプラントを顎の骨に埋め込みます。抜歯してできた空洞には人工骨を補てんし、傷口を縫合します。その後、インプラントと顎の骨が結合するまでの治癒期間を設け、その間は仮歯を入れます。最後にインプラントと顎の骨がしっかり結合したら、インプラントに人工歯を被せます。

この治療により、インプラント治療にとってネックとなっていた長期にわたる治療期間を、大幅に短縮可能になりました。

インプラント義歯

All-on-4同様、インプラントを利用した入れ歯です。顎の骨に埋め込んだインプラントを土台にして入れ歯を装着します。しっかりと固定できるため、天然歯とほぼ同等の噛む力が回復します。ズレによる痛みもほとんどありません。また、顎の骨に直接噛む力が加わるため、顎の骨がやせるのを防げるというメリットもあります。手術をともなう、治療費が高いというデメリットはあるものの、入れ歯の固定方法としては、最も優れた方法です。

1回法

歯ぐきの切開手術を1回だけ行う方法です。顎の骨に埋め込むインプラントにアバットメント(人工歯とインプラントの接続部分)と一体化したワンピースタイプのものを使用します。歯ぐきの切開が一度で済むため患者様への負担が軽く、治療期間を短縮することができます。

2回法

歯ぐきの切開手術を2回行う方法です。1回目でインプラントを顎の骨に埋め込み、その上に歯ぐきを被せて縫合します。3~6ヶ月程度経った後、インプラントと顎の骨がしっかりと結合したら2回目の手術を行います。再度歯ぐきを切開し、インプラント体にアバットメントを連結させます。

1回法よりも患者様の負担は大きいですが、ほとんどのケースに適用できます。また、歯ぐきをしっかりと閉じて治癒期間を待つため、感染のリスクが低減されます。

インプラント治療の費用について

当院ではインプラントの埋め込み、土台形成、人工歯など、すべての治療を含めて35万円~でご提供しています。

当院で使用しているインプラントはストローマンインプラント、ノーベルバイオケア社のインプラントの2種類になります。この2社は世界イ ンプラントメーカーのTOP2であり、臨床実績と製品研究において圧倒的な信頼を世界中から得られているインプラントです。小さな1本のネジに至 るまで純正の部品を使用する事は長期的な安心と信頼を患者様から獲得できるものと当院は考えます。

※インプラント治療費は症状によってご相談に応じさせていただきます。

なお、インプラント治療は「医療費控除」の対象になります。医療費控除は、1年間に医療機関に支払った医療費用の合計金額が10万円を超える場合に、所得税の一部が還付される制度です。医療費控除の計算方法は、

(医療費用の合計金額-保険金などで補てんされる金額)-10万円

となり、所得の多い高額納税者ほど、還付金額も大きくなります(最高で200万円)。

※こちらの説明はあくまで一般的なものですので、詳しくはお近くの税務署でご確認ください。

インプラント治療は、患者様により最適な治療方法もさまざまです。費用につきましても当クリニックにお気軽にご相談ください。