当院のインプラント治療

インプラント治療ガイド

インプラント治療ガイド

インプラント治療とは、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せて天然歯と同じような歯をつくる治療方法のことです。入れ歯のような違和感もなく、ブリッジのように健康な歯を削る必要もありません。

インプラントが骨と結合するまでには、一般的に下顎で3ヶ月程度、上顎で4ヶ月程度かかるとされていますが、最近では症例によってはその日のうちに完成させる方法もあります。顎の骨の量が少ない方には骨を再生させる治療を行いますので、顎の骨がなくても全く問題はありません。

「自分は骨が弱いから」「もう高齢だから」など不安に感じていらっしゃる方も、お気軽にご相談ください。実際に大学病院で無理だと言われた患者様でも当院で治療を受けられ、快適な生活を過ごされています。

当院のインプラント実績

当院は、平成4年からインプラント治療をスタートしました。オペ室を備えており、CT撮影による確実な治療を行っています。

インプラント治療の件数 一年間で、130本
インプラント定着率
(骨の結合率)
約96~99%(何らかの理由でインプラントが定着しない場合があります。その場合は早期に抜歯し、無料で再度インプラントを埋め込ませていただきます)
治療完了後の(7~8年)インプラント生存率 約99.9%

当院のインプラント治療の流れ

1.カウンセリング、検査、治療計画

カウンセリング、検査、治療計画

患者様の症状やご要望を確認し、最適な治療方法をご提案させていただきます。その上で、インプラント治療が最適であった場合、患者様のご意志を確認してから検査・治療計画作成を進めていきます。

2.CT・レントゲン検査

CT・レントゲン検査

レントゲン撮影を行い、顎の骨の状態を確認します。また、口の型を採り、必要であれば歯の治療を行います。CT撮影の際には病院をご紹介しますので、外部で歯科用のCTを撮っていただき、そのデータから3D画像などのシミュレーションデータを作成します。

3.データ説明、カウンセリング

データ説明、カウンセリング

CT・レントゲンなどで検査したデータをもとに、インプラント治療の詳細をご説明させていただきます。その上で、インプラント手術を行うか行わないかを患者様ご自身で判断していただきます。手術を行う場合は、患者様に同意書をご記入いただきお見積書をお渡しします。

4.手術~人工歯の装着

手術~人工歯の装着

あなたに合ったインプラント治療を事前にご説明させていただき、ご納得いただいた上で手術を開始します。

局所麻酔(いわゆる普通の歯科用注射麻酔)をしてから、手術を始めます。顎の骨にインプラントを埋め込み、治癒期間をおいた後、人工歯を装着します(患者様によって治療方法や治療期間は異なります)。

5.メンテナンス・定期検診

歯の治療をするスタッフ

生涯にわたってインプラントを使用していただくためには、日頃のメンテナンスと定期検診が欠かせません。普段から正しいブラッシングを心がけ、定期検診を継続して受けてください。
まずは、治療が終わってから1ヶ月後に定期検診があります。これは、骨が固まっていく過程で特に重要なものです。その後は3~6ヶ月に一度、定期検診をお受けください。