1dayぺリオ

One dayぺリオとは

歯周基礎治療(歯周ポケット内の深い箇所に溜まっている歯石を取る治療)を、1日で終了します。

通常は上下歯列を4分割、または6分割して治療するため、早くても週1回の通院だと1ヶ月かかってしまっていました。ですがそうすると、次の治療までのあいだに以前治療した箇所が汚れてしまうのです!

1度にお口全体をオーバーホールしたほうが効果的であることは、日本歯周病学会が出している「歯周治療のガイドライン」にも明記されています。また、その効果は、治療を受けられた患者様ご本人が一番体感できるのではないでしょうか。

1度に治療することでお口の中の細菌が一気に減るので、口臭がある場合も劇的に改善されます(テレビで話題の次亜塩素酸電解水を何段階かの濃度に変えて使用するので体に優しく、さらに除菌効果も他の消毒薬に比べて優れています)。

患者様の負担を軽減する次亜塩素酸電解水!

※USC⁄南カリフォルニア大では、消毒薬に次亜塩素酸電解水しか使用していません。

当院では、通常の治療法としてこの方法を採用しています。詳しくはご来院の上、ご質問ください。

歯周病の進行段階

1. 軽度歯周炎

軽度歯周炎
歯周ポケットが3mm程度の状態です。歯周ポケットに、歯垢や歯石が溜まります。歯ぐきが腫れ、歯周病菌が歯周組織に侵入して顎の骨を溶かし始めます。

2. 中等度歯周炎

中等度歯周炎
歯周ポケットが5mm程度の状態です。歯周ポケットがさらに深くなります。炎症が拡大し、歯ぐきから出血するようになります。

3. 重度歯周炎

重度歯周炎
歯周ポケットが6mm以上の状態です。歯のグラつきが顕著になります。顎の骨が半分以上溶かされ、歯がグラつき始めます。

※ポケットの深さには個人差があります。

歯肉の腫れ・出血または口臭でお悩みの方

軽症→歯石の除去で良くなります。
時々腫れる・出血する・歯肉の色も悪い→歯石の除去+腫れている歯肉の内側の悪い部分をレーザーを
使っ て小さくする(体に負担もなく、10分程度の処置)で済み、術後の腫れや痛みもない治療〈自費〉
重症の症例でも効果はありますが、完全治癒は望めません。
重症→OPE(手術)